喜寿を迎えて、再びウルトラマラソン完走を目指しての日記です。


by 阿讃道人